• 蟻通神社について
  • 境内のご案内
  • 年間祭事
  • 参拝・ご祈祷のご案内
  • ありとおし薪能
  • 蟻通神社にゆかりのお話

  • 蟻通神社について
  • 境内のご案内
  • 年間祭事
  • 参拝・ご祈祷のご案内
  • ありとおし薪能
  • 蟻通神社にゆかりのお話

蟻通神社ブログ

 紀貫之の絵馬の原作者 中島先生の個展に行ってきました。

<日・台芸術家交流四人展  中之島リーガロイヤル1階ホテルギャラリーにて>

 今年は、中華民国(台湾)建国100周年だそうです。
 芸術を通して台・日の親善交流がさらに深まるようにというテーマで、洋画・陶芸・篆刻・水墨画の芸術家四名の方々の、多彩な作品が展示されていて、目を楽しませて下さいます。
作品展の期間は、4月10日までなのですが、芸術にご興味のある方は、是非お出かけください。
以下は、撮影の許可を頂きました作品展の写真です。

P4050283.jpg
中島先生製作の蟻通神社の板絵
写真に撮って飾って下さいました。
テーマ『蟻通伝説』  『帆下松』

P4050284.jpg
テーマ『紀貫之』  『長滝』の地名にちなんで


P4050285.jpg
蟻通神社のコーナーを作って下さいました。


P4050320.jpg
  中島先生の作品


P4050290.jpg
  中島先生の作品


P4050291.jpg
  中島先生の作品


P4050293.jpg
 陶芸家 澤田先生の作品


P4050294.jpg
 水墨画家 陸橋先生の作品

P4050297.jpg
 篆刻 林先生の作品





お知らせ 蟻通神社の権禰宜 2011年04月09日

 四月十日は祈年祭が執り行われます。

<祈年祭(きねんさい)とは?>

 このブログを入力しようとした途端、「宮城県沖で強い地震が発生した」とニュースが報じました。
 被災地の方々にとっては、もういい加減にしてほしいと、本当に腹立たしいお気持ちだろうと思います。
大きな被害のないことをお祈りいたします。

 
 祈年祭とは、『としごいのまつり』 ともいいます。十一月の収穫感謝祭である新嘗祭(にいなめさい) と対になる形で、古くから重要な祭祀とされてきました。
 二月十七日に五穀豊穣と国家安泰を神々に祈る祭りであり、宮中や伊勢の神宮をはじめ、全国各地の神社においておこなわれていました。
 奈良朝以来の律令制下では、規定されている祭祀に際して、全国の神社(官社)に幣帛(へいはく)がお供えされていました。各神社では、それぞれの祭祀により幣帛の有無や、内容の差異がありましたが、特に祈年祭の場合に限り、重要な祭祀として、総ての官社に幣帛が捧げられています。
平安時代中期成立の『延喜式神名帳』には、官社として2861社の神社が掲載されています。
 
 延喜式には、祈年祭で供える幣帛の品目も挙げられており、布帛や、弓、楯、酒、干し肉、海藻などさまざまな奉献物が供えられていたようです。
 また祭にあたり、厳重な物忌(斎戒)が求められており、大嘗祭を除き、最も重要な祭となっています。
 
 その後、律令制の衰微や戦乱などにより、祈年祭の執行も大きな影響を受けましたが、明治初年の神祇官復興に至り、再び重要な祭祀として位置付けられています。

参考文献:「神道いろは」神社新報社
お知らせ 蟻通神社の権禰宜 2011年04月08日

ページ : 01  

カレンダー

←前の月 次の月→
2011年04月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31

記録者

過去ログ

TEL

PAGE TOP