蟻通神社(ありとおしじんじゃ)
お電話によるお問合せはこちらまで 072-465-0897
境内マップ アクセスマップ 蟻通神社ブログ
蟻通神社について 境内のご案内 年間祭事 参拝・ご祈祷のご案内
カレンダー
←前の月 次の月→
2020年02月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829

記録者
カテゴリー
最近の記事
過去ログ
蟻通神社ブログ
 「新任神職諸君!」の記事について

<神社新報の新聞記事のお話>

 「青年神職よ!オールマイティプレーヤーたれ!」

にとても共感しました。

 世の中には、一般紙のほかに、いろいろな業界の新聞が発行されています。神社神道の新聞に、神社新報(発行:神社新報社)があります。

 宮司や私たち家族も愛読させて頂いております。その紙面の中には、全国各地の神社の情報や講習会や研修のことや、神職の心得や神社にまつわるいろいろなことが掲載されています。
 その中に、先輩の神職の方々のご奉仕の様子や、後輩神職へのアドバイスについて書かれた記事等は、いつも勉強になります。

 先日、新任神職への提言の記事がありました。神職の資格を頂いてすぐ一人前の神職ではなく、しっかりとした実践を重ね、自己研鑽を重ね多くの知識を備えることが大切であると書かれています。
 
 とくに家族で維持する多くの民社・村社の神職は、オールマイティプレーヤーでなければならないとおっしゃっています。例えば、自社の歴史のこと・境内の樹木のこと・清掃のこと・社殿の建物の修繕方法・地域やご参拝の方々とお話しすること、などなどです。

 宮司を務めるということは、本当に重責なのだなと思います。当社も神社役員さんにお世話になりながら、家族総動員でご奉仕をさせて頂いています。

 宮司が、若くて元気な頃は、建物を修理したり、ペンキをぬったり、植木を栽ったり、授与品の製作など自分でできることは、工夫をして取り組んでいました。

 宮司がよく言うのは、「人から教えてもらう間は物事を覚えようとしない。自分で工夫をし、考えて、実行して始めて一人前になる。」です。
 今までは、宮司に頼ることが多く、資格をいただいてから随分立ちますが、私は、未だに新任神職のままだなと実感しています。

 この記事を読んで、遅ればせながらいろいろなことを地道に学んでいこうと思い直しました。

『平成二三年三月二十八日の神社新報 山下 裕嗣先生の記事より』
お宮の四方山話 蟻通神社の権禰宜 2011年04月29日

 境内の説明立て札について

<神社の役員さんが、手作りの立て札をたくさん作って下さいました。>

 ずっと以前から、各地の寺社でよく見られる、由緒が書かれた案内の立て札があればよいのになと考えていました。市販のものは、かなり高価で、なかなか何本も購入することが難しいので、諦めておりました。

 その長年の思いが通じたのだと勝手に思っているのですが、今年、神社役員の方が、手作りで、駒札型の立派な立て札を十数本、製作して下さいました。
 
 板の文字は、宮司が書き込みました。まだ、数か所だけなのですが、設置していただきましたので、ご参拝の折に、ご覧になって下さいませ。
 木製のきれいな板の立て札を作っていただいて、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

 大きな寺社ではないので、なるべく予算がかからないようにと、神社役員の皆様がご自分たちのお仕事の合間をぬって、いつも様々なことをして下さいます。

 例えば、木の伐採、消毒、除草剤の散布、ペンキ塗り、竹灯篭作り、しめ縄作り、神社の建物の修繕、などなどです。(まだまだありますが、)

 昔から代々の神社の役員さん方が、受け継いで、ご奉仕をして下さったおかげで、戦争での移転後も神社が存続でき、整備されてきたということを、忘れてはいけないなと思っています。

P4160361.jpg
   「弁財天社」

P4160363.jpg
    「足神神社」



P4160364.jpg
    「仏足石」

お宮の四方山話 蟻通神社の権禰宜 2011年04月25日

 神職の装束の写真

<男性神職の正装>

 4月10日は、祈年祭が斎行されました。
祈年祭は大祭(たいさい)にあたるので、装束は、正装を着用します。
紀貫之の衣装の部分でも触れましたが、男子神職の正装は、「衣冠(いかん)」とされ、冠をかぶり、檜扇を持ちます。
 上衣・袴の色は神職の身分・階級によって区別があります。

 P4100353.jpg

 この装束は、一人で着装するのは、非常に難しいです。
 いつも助祭の神職の方々に着付けて頂いています。
お宮の四方山話 蟻通神社の権禰宜 2011年04月12日

 「震災どう乗り越える」3月29日春日武彦先生の読売新聞記事

<哀しみと不安を抱えながらの新学期となりました。>

 例年なら桜の開花を待ち望み、希望と喜びに溢れた春なのに、今年は日本の誰もが、心から喜びをあらわせない春です。
 震災から3週間が経とうとしていますが、依然行方不明の方々の数は少なくなっていきませんし、原発の問題もいつ終わりが来るのだろうという毎日です。
 被災された方々がこの困難を克服されるのは、本当に大変なことだと思います。また、災害復興の支援に携わっている方々には、頭が下がる思いです。
 
 大阪に住む私自身は、お力になれることは少なく、ただ災害の報道を見ることしかできないのに、気持ちも沈みがちです。そういう気持ちで過ごす人々に、どう考えていったらいいのか教えてくれる新聞のコラムがありました。一部省略して、抜粋させて頂きます。
  震災どう乗り越える

 『この鬱々と重苦しい毎日を、いきなり晴れ渡った気分で満たす方策はない。だが、うな垂れる必要もない。被災地から隔たった場所に住む人間は、誠実さや活力が他人へ伝搬し得るという事実を思い出そう。
 
 他人を思いやることと、過剰な自主規制や自粛とは直結しない。被害を受けずに済んだ者が何かを楽しんでも、それが「不謹慎」ということになってしまえば心は萎縮しかねない。他人の顔色を窺うような態度は、誰も救えない。

被災者の存在を胸の内に置きつつ、背筋を伸ばして日常を営んでいくことが大切だろう。』

3月29日(火)読売新聞朝刊:春日武彦先生の記事より

お宮の四方山話 蟻通神社の権禰宜 2011年04月02日

 オリジナル絵馬「紀貫之の装束」について

<装束についてのつづき> 
 先日、紹介させていただいた、当神社のオリジナル絵馬は、蟻通神社に縁のある「紀貫之」です
 紀貫之の生没年は、不明なのですが、およそ 生:872年〜没:946年頃とされています。
 平安時代は、794年の平安遷都から1192年鎌倉幕府成立までのおよそ400年間の時期とされています。
 平安時代は、律令政治の再建をはかるため、桓武天皇が寺院など旧勢力の強い奈良を離れ、長岡京へ移り、ついで京都に平安京を造営して政治改革に取り組み、官制や法制が整備されていきました。

 紀貫之は、正に平安時代を代表する王朝の歌人です。この時代は、遣唐使が廃止されてから、新しい日本の文化が芽生え始め、藤原氏を中心とした貴族たちによって、国風文化が誕生しました。
 貴族社会では、娘たちを教養高く育てることに力がそそがれ、皇后や中宮、女房たちで構成される後宮は、才媛たちの集う文化サロンで、王朝の文化の発展に大きな力を持っていました。

 この王朝の高度な貴族文化の元になったのが、日本の風土にあった、より細やかな心の表現ができるようにした「かな文字」の成立です。
 漢詩に代わって三十一文字の和歌が盛んに詠まれるようになりました。
 
 かな文字は、国文学発達の原動力となり、紀貫之は『土佐日記』を書き、
醍醐天皇の命により勅撰和歌集『古今和歌集』を編修しました。男性の立場から、かな文字の発展に寄与しました。
また女性による文学の傑作として、清少納言『枕草子』 ・紫式部『源氏物語』 
はあまりにも有名です。

 紀貫之は、官吏としてはあまり恵まれていなかったようで、
最終的な位階は、従五位上だったそうです。
 当時の平安貴族の正装が、束帯(そくたい)で、位階によって色が定められていました。
原作者の画家中島先生が調べて下さって、絵馬の紀貫之の装束を深緋色に塗って下さいました。

 
【 装束がこの色なのは、理由がありました。】
P3310207.jpg
原画です。本当は、白馬を書いて下さったのですが、
絵馬では、馬の白い色を出すことができず、大変残念でした。

参考文献:「日本の色事典」吉岡幸雄著 紫紅社
      「装束と衣紋」八束清貫著 神社本庁刊
      「日本史図録」山川出版社
お宮の四方山話 蟻通神社の権禰宜 2011年04月01日

ページ : 01   02   03   04   05   06   07   08   09   10   11   >> 次へ
蟻通神社(ありとおしじんじゃ) 蟻通神社(ありとおしじんじゃ)
所 在 地 / 〒598-0034 大阪府泉佐野市長滝814
電話・FAX / 072-465-0897