蟻通神社(ありとおしじんじゃ)
お電話によるお問合せはこちらまで 072-465-0897
境内マップ アクセスマップ 蟻通神社ブログ
蟻通神社について 境内のご案内 年間祭事 参拝・ご祈祷のご案内
カレンダー
←前の月 次の月→
2020年07月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031

記録者
カテゴリー
最近の記事
過去ログ
蟻通神社ブログ
 寒ーいひな祭りでしたね。

<桃の節句> 
節句は、本来節供と書きます。この「供」という語には、人々がともに同じ飲食を、同じ場において賜る(たまわる)という意味が含まれています。

 昔は、山や,川で穢れを祓った後、よもぎなどを採って食事を作り、一同そろって膳を共にしたといわれています。そして、餅やあられには、この季節に特に補給しなければならないデンプンが多く含まれており、それぞれに深い意味が込められています。

 の節句といわれるのは、のお酒やの花を供えるところからきているそうです。は、古代中国では、邪気を祓う仙木と考えられていたことから、の酒を飲む習慣ができたといわれています。
 
 日本でも魔よけとしての木を用いることが多く、神符なども「符」とよばれることがあります。また、の葉は、汗疹やただれに効き目があり、浴湯に入れたりします。そういえば、の絵の描かれた、ハンドクリームなどありますね。
 この桃の酒に白酒がそえられたのは、紅白にしてめでたさをあらわしたのかもしれません。
 
 菱餅も雛檀に欠かすことのできないお供え物です。一般的に紅白緑の三層で、この三色にも意味があります。
 
 のクチナシが解毒剤。の菱が血圧降下剤。の蓬が造血剤。また、菱餅のひし形は、心臓の形をあらわしたものだという説もあります。
 
 何気ないお供え物の中にも、娘の長命を願う心が込められているのですね。
 各お節供ごとにお節供にちなんだ、お供え物があって、それぞれに込められた意味を想像しながら頂くと、行事も思い出深いものになるような気がします。
 
 30年以上前になりますが、小学校の給食で、ひな祭りの日には、菱餅の形をしたゼリーが出てきて、その日の給食の時間は、みんな興奮気味で味わって食べた記憶が残っています。食べ物とつなげると人は、記憶に残りやすいのでしょうか?         参考文献:現代こよみ読み解き事典 柏書房
お宮の四方山話 蟻通神社の権禰宜 2011年03月03日

 ブログについて

蟻通神社のブログ、何とか半年続きました。>

 一月は、行って、二月は、逃げて、早や三月になってしまいました。
 平成22年8月末からこのブログを開設致しました。きっかけは、神社の役員さん方が、蟻通神社の事をもっと知っていただくように努力をしないと、今の現状維持では、駄目だよと背中を押してくださいました。本当は、ホームページを開設したかったのですが、私のパソコンの能力では、まだまだ無理でした。そんな時、ちょうど泉佐野市の商工会議所でブログ開設のセミナーが開かれるチラシを見まして、受講いたしました。

 その時の講師の先生が、安田コンサルティングの安田勝也先生でした。非常に熱心で分かりやすいご指導で、素人の私でも出来るという気持ちにさせて下さいました。その時、先生がおっしゃっていらしたのが 、「一番難しいのは、ブログの投稿を続けていくことです。」 でした。
 
実際に自分がやり始めて、本当に実感しています。忙しい時は、ついつい億劫になり、何日も更新しないまま放置したり、投稿するだけの記事の中身を用意できなかったりでした。最初の頃は、アクセスして下さる方もなく、自分の携帯で検索したり、友達や、身内に無理やり見てもらったりしました。何ヶ月かするうちに、ほぼ毎日どなたかがブログを見て下さっていまして、ブログを更新する意欲を与えてもらっています。
 
拙いブログで、著作権や肖像権などきちんと調べないままだったり、その他、不安な部分もあって、もっと勉強しないといけないなと思います。

 インターネットは、便利で、今の世の中には、なくてはならないものになってしまいましたが、その反面、想像もできない事件や犯罪も起こせる未知の世界のような怖い部分を感じます。私の息子ようなの若い世代になると生まれた時からパソコンが身近にあったので、また感じ方は違うのかもしれません。
 
 ブログを開設するということは、中身に責任を持たないといけないので、自分の神社や地域の事や社会の事などを今までよりも関心を持って調べるようになりました。その点では、ブログを始めて本当によかったなと思います。これからも、できるだけ長く続けていきたいと考えています。
お宮の四方山話 蟻通神社の権禰宜 2011年03月03日

 ひな祭りについて その2

 <男びなと女びなの並び方>
 
  P2220171.jpg
  皇室では、伝統的に天皇様が向かってに立っていましたが、西洋の方式が入ってくると、向かってに天皇様、に皇后様が立つようになられました。

 それにならって、向かって左に男びな、向かって右に女びなを飾るということになったそうです。
古来の伝統が残る関西では、向かって右に男びな左に女びなを飾る風習が残っているそうです。必ずこうしなければならないというものではなく、各家庭のしきたりで、飾ればよいようです。

 幼いころに、童謡の「うれしいひなまつり」をよく歌いました。その中の歌詞に、「お内裏様とお雛様」と出てきますが、本来は、男びなは、「お殿様」、女びなは、「お姫様」と呼ぶのだそうです。

 ひな祭りは、平安時代の「上巳の祓」や「ひいな遊び」が一体となり、やがてひな祭り(桃の節句)として日本の季節を味わう行事として、長く伝承されてきました。

 現代では、神事としての意味は薄れましたが、私たちの生活に、季節を感じさせてくれ、潤いや楽しみを与えてくれるものなのだなと思います。
  
             参考文献:朝日新聞・日本人形協会の記事

お宮の四方山話 蟻通神社の権禰宜 2011年02月22日

 雛祭りについて

<三月三日は、ひな祭りです。>
 
  正式には、上巳(じょうし)の節句といい、五節句の一つです。
上巳とは、「旧暦三月の上旬の巳の日」のことであります。
 古来中国では、この日、川で身を清め、不浄を祓う招魂の行事が行われていたそうです。これが平安時代にとりいれられ、宮中では、曲水の宴を張り、祓を行うようになりました。
 
 やがて、曲水の宴は、すたれましたが、上巳は巳の日の祓として貴族の間に定着していきました。これを「上巳の祓」として陰陽師に祓をさせ、人形で身体をなでて、これを川に流す行事が貴族を中心に行われていました。

 このような人形を川に流す習慣は、現在、各地で流し雛として残っています。
 上巳の祓は、江戸時代以降ひな祭りとして、急速に庶民の間にも広まり、やがて飾られる人形も数が増え、華やかになり、女子の健やかな成長を願う祭が、にぎやかに行われるようになりました。



P2190169.jpg      
     40数年前の雛飾り
 
 私が生まれた時に、亡き祖父が買ってくれた雛人形が、40年ぶりに倉庫から出てきました。
 豪華なものではないですが、こんなお人形を買ってくれていたのを、大人になって知って、いまさらですが 、孫が生まれてきたことを喜んでくれたのだなと、うれしく思いました。
 (念願の男の孫ではなかったので、がっかりしたそうですが)





お宮の四方山話 蟻通神社の権禰宜 2011年02月22日

 <今年は、まだまだ、寒いですね>

<2月14日の大雪にびっくり!>

 あれで、大雪 というと雪国の方に、叱られるかもしれませんね。
でも、このあたりでは、お昼間にあんなに積もることは、私の四十ン年間の人生の中でも、記憶にないのです。(きちんと調べたわけでは、ありません。すみません)
 
 夕方の帰宅ラッシュで、道路は、大混雑でした。私が、いつもは20分で自宅まで帰る道程が70分もかかったり、羽倉崎から阪南市の海側まで、5時間かかったり、泉佐野市から和歌山まで夕方出て、夜中になったなどという大変な一日でした。
世間では、バレンタインデーだったのに、それどころでは、ないなあーという日でした。
 皆様、お疲れ様でした。
 自然の前では、人間の力は、小さいものなんだなと改めて思いました。
 
 「神社神道について」
 神道は、仏教やキリスト教のように特定の創唱者を持っていません。
 日本において、民族の形成過程で自然発生的に形成された宗教です。八百万の神々といわれるように山のカミ、川のカミ、海のカミなど自然の中のあちこちに神が潜んでいます。
 古代の人々は、自然の脅威というものを今の私たちよりももっと痛切に感じていたのかも知れないです。
 
 神道は、人々の暮らしと日常的に密接にかかわってきて、いろいろな宗教や文化の影響を受け、変容の歴史を重ねて、現在の私たちの暮らし習俗・習慣の中にも親密に溶け込んでいます。
だから、神社神道は、あまりにも身近すぎて、宗教と感じられることが少ないのです。
 
 しかし、国際化、グローバル化が進んだ現代の社会の人々に、もっと神社神道の宗教文化を、理解していただいて、信仰を深めて頂く様に神職の私たちが、勉強して、努力しないといけないと思っています。

 P2110164.jpg
   今年、2度目の積雪

お宮の四方山話 蟻通神社の権禰宜 2011年02月16日

ページ : 01   02   03   04   05   06   07   08   09   10   11   >> 次へ
蟻通神社(ありとおしじんじゃ) 蟻通神社(ありとおしじんじゃ)
所 在 地 / 〒598-0034 大阪府泉佐野市長滝814
電話・FAX / 072-465-0897