蟻通神社(ありとおしじんじゃ)
お電話によるお問合せはこちらまで 072-465-0897
境内マップ アクセスマップ 蟻通神社ブログ
蟻通神社について 境内のご案内 年間祭事 参拝・ご祈祷のご案内
カレンダー
←前の月 次の月→
2020年07月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031

記録者
カテゴリー
最近の記事
過去ログ
蟻通神社ブログ
 「権禰宜とは?」

<このブログの作者(私)は、蟻通神社の権禰宜です。>

 ”ゴンネギ”って一般の方々には、聞きなれない単語ですよね。神社の神職には、資格(階位)を必要としますが、その資格は、5つの段階があります。

 その資格を取得して、神職は、各神社にご奉仕します。そのお宮に奉務する神職には、職階により、職名が定められています。
 上から順に、宮司・禰宜・権禰宜・出仕があり、神職の多い神社には、権宮司の職階が設けられている場合もあります。

 禰宜とは、「祈(ね)ぎ」(願い)の語義で、神に祈請する者の意味があります。宮司を補助して祭祀や社務を行う立場にあり、権禰宜とは、禰宜を補佐する役目です。
 
 私自身は、まだまだ新米で補佐するところまでは行っていませんが、蟻通神社のお役に立てたら良いなといつも思っております。
    
    参考文献:「神道いろは」  神社本庁教学研究所監修

お宮の四方山話 蟻通神社の権禰宜 2011年01月18日

 <寒波到来!>

「泉佐野市の平地には、珍しく、池の水に氷が張りました。」

 手水の水の落ちる竹の先から、つららができていて、
 びっくりしました。
 昨日、今日と非常に寒かったのが、よく分かります


 P1160088.jpg
 
  これは、水では、なくて、氷です。
 P1160087.jpg

 
 P1160091.jpg

 これは、冠ケ淵という「紀 貫之」の伝承に基づいて作られた池です。 
 大変寒い中、役員さん方が、池の掃除をして下さいました。 
 
 P1160096.jpg

 P1160097.jpg
 池がシャーベット状になっていました

 P1160098.jpg
  「冠ケ淵」については、今後ブログに載せたいなと思っています。
お宮の四方山話 蟻通神社の権禰宜 2011年01月17日

 十日戎について

<十日戎の風習>

 エビスには、夷・戎・恵比寿・恵美須などの字が当てられ、その語源は、異邦人や辺境に住む人々を意味するエミシ・エビスの語に由来するとされています。

 古来よりおそらく、生活空間の外部にある異郷から福をもたらす神としてイメージされていたらしいです。もともとエビスは漁民の間で信仰され始めたと考えられます。

 その後、中世における商業の発展とともに商業神としての性格をもちはじめ、農業神としての顔もあるそうです。農村では、豊作をもたらす田の神の性格も兼ね、田植えの初苗を供える例もみられます。 
 また、山村では、山の神と呼ぶところもあり、田の神と山の神が定期的に行き来する、という考えとエビスの信仰が重ね合わされたものと考えられるそうです。

関西では、一月十日に十日戎が行われ、笹に米俵、小判、鯛、大福帳、打ち出の小づちなどを付けた福笹、吉慶(きっきょう)・大宝などの縁起ものを神棚などに飾っておき、毎年新しいものと取り替えると、福が授かるといわれています。大きなものからコンパクトなものまで、いろんな種類の縁起物がありますので、神社の拝殿にどうぞお越しください。

 
お宮の四方山話 蟻通神社の権禰宜 2011年01月08日

 おみくじについて

PC310745.jpg

  「おみくじは、木の枝に結んだ方がいいのですか?」 とよく質問されます。
  おみくじとは、一般的に、個人の運勢や、吉凶を占うために用いられているのですが、種類もいろいろとあります。
 
そもそも占いとは、物ごとの始めに当たって、まず御深慮を仰ぎ、これに基づいて懸命に事を遂行しようとする、ある種の信仰の表れともいえます。
 
古代日本では、神判といって神に判断をゆだねる裁判が広く行われていたそうです。くじもその一つの方法でした。
 中世には、公的で重大なことを決定するのに、くじは盛んに用いられていました。その多くは、神仏の前で行われました。
 
今日のように個人の吉凶、運不運などを知るためのくじを引くというのは、中世以降に発生したそうです。背景として、この時期に寺社参詣のすそ野が広がり、庶民までもが参加するようになっていったことがあります。
 
「おみくじ」は単に吉凶判断を目的として引くのではなく、その内容を今後の生活指針としていくことが何より大切なことといえます。
 
最後に、境内の木の枝などに、その紙を結びつける風習は、もとは、縁結びに限って行われていたものが一般化したものらしいです。大吉だからお家に持って帰るとか、凶は枝に結ぶとおっしゃる方もいらっしゃいますが、そういった決まりは、ないようです。
 
 ですので、木の枝や、神社に設営された場所に結んで帰られても、お家に持ち帰られても、ご自身のお心のままでよいみたいです。

 ご自身の引いたおみくじのめぐりあわせに、神秘的なものや運命のようなものを感じて、中に書かれている言葉を読み、自分自身の行動に照らし合わすと、いうことがよいようです。
  
   参考文献:「神道いろは」 神社本庁教学研究所監修
          「神社と神々」 井上 順孝監修

 P1050002.jpg
  蟻通神社のおみくじ掛け(宮司のお手製)

P1050003.jpg
  門松の梅の枝におみくじを結んだり 。
お宮の四方山話 蟻通神社の権禰宜 2011年01月05日

 どんぐりについて

<境内の杜に椎の木があります。>
  現在は、かなり大きな木になっています。スダジイという種類で、その実は、食べられるのです。
 殻をむいて炒ると、ピーナッツのような味がして、美味しいです。時々、参拝の方が拾っていらっしゃいます。(でも、ピーナッツアレルギーの方は、ご注意ください。)
 ドングリのなる木々は、温帯地方に広く分布していて遠い昔から人間や動物に食料だけでなく、森や雑木林や里山を作り、豊かな恵みをもたらしてきたそうです。
 縄文人もドングリを食べていたことが、各地の遺跡などからわかるそうです。現在人は、ドングリを食べる必要はなくなりましたが、この先も、自然を大切にし(落ち葉の掃除がなかなか行き届きませんが)、自然と調和していきたいなと思います。

 PB130158.jpg

    神社の椎の木

 PB090146.jpg

   スダジイの実。小さなドングリです。

 PB090149.jpg

  殻をむいた実。ピーナッツにそっくりです。
お宮の四方山話 蟻通神社の権禰宜 2010年11月19日

ページ : 01   02   03   04   05   06   07   08   09   10   11   >> 次へ
蟻通神社(ありとおしじんじゃ) 蟻通神社(ありとおしじんじゃ)
所 在 地 / 〒598-0034 大阪府泉佐野市長滝814
電話・FAX / 072-465-0897