• 蟻通神社について
  • 境内のご案内
  • 年間祭事
  • 参拝・ご祈祷のご案内
  • ありとおし薪能
  • 蟻通神社にゆかりのお話

  • 蟻通神社について
  • 境内のご案内
  • 年間祭事
  • 参拝・ご祈祷のご案内
  • ありとおし薪能
  • 蟻通神社にゆかりのお話

蟻通神社ブログ

 能「蟻通」の続き

<紀貫之が冠を落としたとされる冠之淵について>


 世阿弥作の「蟻通」では、紀州の玉津嶋神社に参詣に行く途中に蟻通神社の前を通りかかったという設定ですが、『貫之集』では、「紀の国に下りて、帰り上りし道にて、・・・・・」とあり、京に帰る途中に通りかかったと出ています。どちらが真実なのかは、分かりませんが、お能の方は、演出を考えて行く途中に設定したのかもしれません。
『貫之集806』 に蟻通の歌が載っていますので、紀貫之が蟻通神社前を通りかかって、歌を詠んだのは、確かだと思われます。
貫之集に記載されている歌は、蟻通の謡曲に出てくる歌と、少し異なっています。以下に記します。

 「 かきくもり  あやめも知らぬ  大空に
   ありとほしをば  思うべしやは」

(訳)かき曇り、ものの区別もつかぬ闇のような大空に、星があるなどと思うはずがあろうか。

「ありとほしをば」には、「ありと星をば」すなわち「星をば大空にありと思ふべしやは」の意と、「蟻通(の神)をば」の意とを掛けた掛詞で、
闇空に星があるとは思えないということと同時に、こんな無体な仕打ちを蟻通の神がなさろうとは思えない。の意を表します。

 住吉大社や玉津嶋神社ほど著名ではない路傍の神が、歌聖・紀貫之の歌を手向けて欲しさに怪異を起こしたのではと考えると蟻通の神は、むしろ人なつかしい神威といえるでしょうと書いて下さる先生もいらっしゃいます。

 本殿が熊野街道に背を向けているのは、物咎めをする神として有名で往還の旅人に神祟があるので、後世の人がうしろむきにして、表と裏の両方に鳥居を作ったといわれています。
 
 紀貫之の馬が神威に触れよろめいた時、貫之が冠を傍らの渕(わき水の小池)に落としたとして「冠之渕」と名付けました。

 寛政年間には、幕府による渕の改修が行われ、中ノ島の上に「紀貫之大人冠之渕」と彫られた花崗岩の碑が立てられました。移転先の現在地には、元の姿を復元したものが整備されています。

参考文献
国立能楽堂H・22年7月パンフレットより
  樋野修司先生(泉佐野の歴史と今を知る会)
  村上たたう先生(蟻通の観賞の手引)
能の見どころ (東京美術)
   村上たたう先生   
貫之集(新潮日本古典集成)
   

移転前の冠之渕の写真が出てきました。


冠が渕.jpg

おそらく、昭和5年頃と思われます。
モノクロで分かりにくいのですが、
写っているのは、先代の宮司です。


P1160104.jpg

現在の冠之渕です。
写っているのは、現宮司です
能楽のお話 蟻通神社の権禰宜 2011年04月17日

 能「蟻通」のストーリー

<5月3日に神社の舞殿で能楽等が奉納されます。>

●能 『蟻通』 について

●作者  『猿楽談儀』に「蟻通  世子作」とあるので世阿弥作と考えられます。

●人物 ワキ    紀貫之
     ワキツレ  従者
     シテ    宮守

●能柄 四番目物
●典拠 貫之集
●場所 和泉国  蟻通神社


●ストーリー
 和歌の名手・紀貫之は、和歌の心の体得を目指して歩む者として、和歌の守り神である紀伊国・玉津嶋神社への参詣を志します。その道中、にわかに日が暮れ、大雨が降り、その上、乗っている馬までが倒れ伏して、どうにもなすすべもなく途方に暮れていました。
 
 そこに傘をさして松明を持った年老いた宮守が現れます。神前の灯火が消えているのを見咎めた宮守は、ここは、蟻通明神の社前であると告げ、「雨夜の暗黒で知らぬこととはいえ、乗馬のまま通り過ぎようとした非礼が祟ったのだ」とときます。宮守は相手が貫之であることを知り、神に対して、和歌を奉納し、詫びるとよいと勧め、歌の徳を説きます。

 そこで貫之は、心をこめて
「雨雲の立ち重なれる夜半なれば、蟻通とも思ふべきかは。」
と詠みます。
 宮守は、その歌に感じ入り、歌のめでたいいわれが述べられ、宮守が馬を引き立ててみると、馬は起き上がり、いななきました。和歌が神慮に通じたのです。

 貫之は宮守に祝詞を奏上することを頼みます。求めに応じ報恩の祝詞を捧げ、神楽が舞われます。宮守は実は、蟻通明神の化身であり、貫之の和歌に感じて出現したことを告げて、姿を消します。昇天する神霊を見送った貫之は、喜びの心でなおも神楽を奏し、夜が明けると再び旅の空に立つ身となりました。


●見どころ
 雨中、傘をさし、松明を手に登場する老人。印象的な扮装です。この傘と松明の小道具で、雨の降りそそぐ夜の闇の中に松明の火に社殿が浮かび上がる情景を描き出す演出を、能に趣を添える例として、世阿弥が語っているそうです。
 傘をさして出る能は、宝生・喜多流の特殊演出の「邯鄲」を除けば「蟻通」のみだそうです。貫之は、ワキ方屈指の大役で、ワキが活躍する作風は、世阿弥時代にはあまり例がなく、珍しいのだそうです。
ワキの活躍に対し、シテは、所作も少なく、神々しい趣を主眼としていて、渋くて皮肉な味わいを持った心持の多い能となっています。

●参考文献
国立能楽堂H・22年7月「蟻通」公演パンフレット
小学館日本古典文学全集 「謡曲集」
淡交社発行 「能観賞二百一番」



 
能楽のお話 蟻通神社の権禰宜 2011年04月16日

 5月3日蟻通神社にて「能楽」ご奉納について

<能楽・独鼓 蟻通神社でのご奉納のお知らせ>

 泉佐野市指定文化財・ふるさと町屋館の旧新川家住宅の中庭で、5月3日にろうそく能が開催されます。
 その公演に先立ちまして、世阿弥 作『蟻通』 にゆかりのある蟻通神社舞殿において、謡と独鼓・仕舞等のご奉納があります。
 
 ろうそく能の公演は、今年で4回目を迎えられますが、公演の前に毎年、神社にご奉納下さっています。

 神社の本殿に向かって、神様に能楽をご奉納されるお姿は、なかなかお目にすることは少ないと思います。
 
 神社の境内からご自由に観て頂けますので、ご興味のある方は、お気軽にお越しくださいませ。

以下は、蟻通神社舞殿でのご奉納の詳細です。


出 演  観世流 生一(きいち)一門の方々


と き   5月3日(火・祝) 午後2時30分

ところ   泉佐野市長滝814 
         TEL 072−465−0897
       蟻通神社  舞殿

入場料  無 料

奉 納  独鼓 「蟻 通」
           山中 雅志
           上田 慎也
     
      独吟 「嵐 山」
           姫野 古佳
     
      仕舞 「老 松」
           山中 雅志
           川村 靖彦
          
          「草子洗小町」
           國枝 良雄
           川村 靖彦

  前回のご奉納の様子です。 
 P5030501.jpg

 P5030502.jpg


 P5030503_01.jpg


 P5030504_01.jpg


 P5030517.jpg
能楽のお話 蟻通神社の権禰宜 2011年04月14日

 「ろうそく能」公演について

<第4回 佐野町場ろうそく能の公演が開催されます。>

日 時:平成23年5月3日(火曜・祝日)
 
一部  開場午後四時半  開演午後五時
      能楽ほんもの体験
(体験はチケットをお持ちの方で希望者のみです。)
(事前に申し込みが必要です。)
    
 二部  開場午後六時半  開演午後七時
      見どころ解説   山中 雅志
      「独鼓」 蟻通(ありどおし)
      「能楽」 歌占(うたうら)

会 場:旧新川家住宅(ふるさと町屋館の中庭)
    〒598-0057 泉佐野市本町5-29

入場料:前売り 3,500円 / 当日 4,000円

お問合わせ:TEL・FAX 072−469−5673
   Eメール niigawake@rinku.zaq.ne.jp

ろうそく能は、今年で4回目を迎えられます。
会場が泉佐野市ということで、
毎年「蟻通」を独鼓で御披露して下さいます。
能楽師の山中雅志先生が詳しく解説をして下さいますので、初心者の方もわかりやすいです。
 間近で本格的なお能が見られるので、貴重な体験ができます。
会場は、竹灯篭のろうそくが灯され、大変幻想的な雰囲気に包まれます。
ご興味のある方は、是非、ご覧になってくださいませ。

ろうそく能_0003.jpg
ろうそく能のチラシです。


ろうそく能_0002.jpg
 ゴールデンウィーク中の新川家でのイベント




能楽のお話 蟻通神社の権禰宜 2011年04月13日

 神職の装束の写真

<男性神職の正装>

 4月10日は、祈年祭が斎行されました。
祈年祭は大祭(たいさい)にあたるので、装束は、正装を着用します。
紀貫之の衣装の部分でも触れましたが、男子神職の正装は、「衣冠(いかん)」とされ、冠をかぶり、檜扇を持ちます。
 上衣・袴の色は神職の身分・階級によって区別があります。

 P4100353.jpg

 この装束は、一人で着装するのは、非常に難しいです。
 いつも助祭の神職の方々に着付けて頂いています。
お宮の四方山話 蟻通神社の権禰宜 2011年04月12日

ページ : 01   02   03   04  

カレンダー

←前の月 次の月→
2011年04月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31

記録者

過去ログ

TEL

PAGE TOP