蟻通神社(ありとおしじんじゃ)
お電話によるお問合せはこちらまで 072-465-0897
境内マップ アクセスマップ 蟻通神社ブログ
蟻通神社について 境内のご案内 年間祭事 参拝・ご祈祷のご案内
カレンダー
←前の月 次の月→
2010年12月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930

記録者
カテゴリー
最近の記事
過去ログ
蟻通神社ブログ
 「初詣」について

<蟻通神社の初詣>

  毎年、紅白が終わり、午前0時になる少し前からご参拝の方々が
 いらっしゃいます。
 近くにある、お寺の鐘が聞こえてきます。大変、風情があります。

今年は、例年よりも寒くなるそうなので、皆様、どうぞ暖かい服装で
お越しくださいませ。

 境内では、ふるまい酒みかんの授与があります。
 下の写真は、平成22年元旦の様子です。

                                       
P1010764.jpg
     拝殿  鈴の前です。

P1010763.jpg
    能舞台

P1010762.jpg
  御参拝の方々が並んでいらっしゃいます。  


P1010761.jpg 
 お守りなどの授与所です。かわいい巫女さんたち。
神社だより 蟻通神社の権禰宜 2010年12月30日

 <昨日は、しめ縄作りでした>


<小雪の舞う中、役員さん方が、蟻通神社の

    しめ縄・門松をつくってくださいました>
  今年は、非常に寒い中の作業で、大変でした。
  体験に来て下さった方々、寒い中ありがとうございました。
    
PC250234.jpg
@ まずは、脱穀機で稲の籾を取ります。

PC250241.jpg
  橙の準備をして下さっています。
 
PC250224.jpg
PC250228.jpg

 A わらを右回りねじり、編んでいきます。
撚りが戻らないようにしっかり押さえている所。

PC250230.jpg
B 3本のわらを編んでいき、編み終わりの
   最後を、荒縄で括ります。 


PC250236.jpg

Cはみ出ているわらを切っていくと出来上がり

PC250242.jpg
PC250248.jpg

 高い所は、フォークリフトで掛けてくださいます。

PC250252.jpg
手水舎の準備をして下さっています。

PC250259.jpg
    社務所の門松の完成


PC250260.jpg
PC250254.jpg
PC250258.jpg
土台の周りに竹を張り付けて下さっています

PC250261.jpg
 
      拝殿の門松の完成
 
神社だより 蟻通神社の権禰宜 2010年12月26日

 しめ縄づくり

<12月25日(土)は蟻通神社でしめ縄づくりをします>
 神社の役員さんたちが、約26本 大・中・小 のしめ縄を作って拝殿や
手水舎や社務所等に飾って下さいます。
 その日は、門松も製作して下さるので、神社が一気にお正月の雰囲気に
包まれます。
 当日、しめ縄を作ってみようと参加希望される方は、お気軽に神社にお電話
下さいませ。
 雨天の場合は、舞台の上で作る予定です。
  
蟻通神社 社務所・・・電話1(プッシュホン)TEL 465−0897

PC290329.jpg


P1100783.jpg


PC250318.jpg
神社だより 蟻通神社の権禰宜 2010年12月21日

 <能について。続き>

 「東京にある国立能楽堂です」

P7071025.jpg

 
 私自身は、文楽・能や今、話題の歌舞伎など古典芸能を本格的に観たことがなかったので、国立能楽堂の威厳のある立派な建物を初めて拝見して、少し、気後れしてしまいました。
緊張しながら観ていました。演じていらっしゃる内容や、動作や形の意味など難しいことは理解できていないのですが、
能舞台独特の雰囲気を味わうことができて、うれしく思いました。
 本物を自分で観て・感じることの大切さが、よくわかりました。


能楽のお話 蟻通神社の権禰宜 2010年12月16日

 能「蟻通について」

P5040518_01.jpg
  <能舞台>
 蟻通神社 能舞台(舞台の建立は寛永5年{1628}といわれていますが焼失)
 江戸時代、大名たちが能狂言を奉納して一般市民にも観覧を許し、
 神社に舞台が寄付されたそうであります。その後、万治年間に再建されたものが
 現在の能舞台と言われています。
 
 <東京国立能楽堂にて 「蟻通」 を初めて観賞しました>
 平安時代の清少納言「枕草子」や紀貫之「紀貫之集」の蟻通神社の伝承を引用して、
世阿弥の謡曲「蟻通」が作られました。

私自身は、本などで読むだけで、実際の「能 蟻通」を観たことがなく、一度、機会があれば観たいなと思っていました。
 今年(2010年・平成22年)、春、夏と何回か、それぞれ違う能楽堂で上演されることがわかりました。
 そして、国立能楽堂の職員の方とのよい出会いがあり、七月七日、東京の国立能楽堂に「蟻通」(能・金剛流)を観賞することができました。生まれて初めて「蟻通」を観ることができて、大変感激しました。

 能に関しましては、全くの素人で、いろいろとわからないことも多かったのですが、
紀貫之が蟻通神社に和歌を奉納したという説話に基づいて舞台が進んでいくので、舞台の展開をよく理解することができました。

国立能楽堂には、たくさんの方が観賞に訪れていらっしゃって、能楽ファンの方に「蟻通」を知っていただけてうれしく思いました。
 これから、少しずつ能のことを勉強していきたいなと思いました。 
能楽のお話 蟻通神社の権禰宜 2010年12月11日

ページ : 01  
蟻通神社(ありとおしじんじゃ) 蟻通神社(ありとおしじんじゃ)
所 在 地 / 〒598-0034 大阪府泉佐野市長滝814
電話・FAX / 072-465-0897