蟻通神社(ありとおしじんじゃ)
お電話によるお問合せはこちらまで 072-465-0897
境内マップ アクセスマップ 蟻通神社ブログ
蟻通神社について 境内のご案内 年間祭事 参拝・ご祈祷のご案内
カレンダー
←前の月 次の月→
2011年01月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031

記録者
カテゴリー
最近の記事
過去ログ
蟻通神社ブログ
 <蟻通神社 節分祭>

節分祭のお知らせ 

2月3日(木)午後三時ころ〜午後八時ころまで
 
 蟻通神社境内において、
 邪気を祓い、幸せを願う、節分祭の行事を行います。


 護摩木奉納、のお焚き上げも致しますので、ご参加くださいませ。

 ご参拝の方々には、みかん岩おこしを授与させて頂きます。
 多数の方々のお越しをお待ちしております。

 また、家内安全、厄除け開運 等の御祈祷も受付しておりますので、
 お申し付けください。(御祈祷は、節分の日、以外もさせて頂きます。)
  
    蟻通神社 社務所 : 電話1(プッシュホン) 072−465−0897
お知らせ 蟻通神社の権禰宜 2011年01月23日

 <厄祓いについて>

 「人生儀礼 厄年」

 厄年の年齢は、人の一生の中でも、体力的、家庭環境的、対社会的にもそれぞれ転機を迎える時であり、災厄が起こりやすい時期として忌み慎まれています。

 その年に当たっては、神様の御加護により災厄から身を護るため、神社に参詣をして、災厄を祓う厄祓いの儀(厄除け)がおこなわれます。

 厄年の年齢は、「数え年」で数え、地域によっては多少異なります。
   
   男性  二十五・四十二・六十一 歳

   女性  十九  ・三十三・三十七 歳     とするのが代表的であります。
 
 この年齢の前後を前厄・後厄と称します。この中でも男性:四十二歳女性:三十三歳を大厄として、特に意識することが多いようです。

 厄年が信じられてきたのは、厄月・厄日とともに室町時代からのもので、その根拠の一つとなったのは、陰陽五行思想であります。
 迷信的な要素が強いという理由で、識者のあいだでは、排斥するむきもありますが、医学的見地から合理性があるという意見もあります。
 ちょうど、先日のNHKの番組で、男性の四十歳台頃から、身体のミトコンドリア(若さを保つ素らしいです。)が、減少していくとうテーマで放送されていました。ただし、ミトコンドリアは、自身の生活態度で、増えるらしいです。
 
 本来、厄年は長寿を祝う還暦(六十一歳)古希(七十歳)などの年祝いと同じく、晴れの年齢と考えられていました。厄年を迎えることは、地域社会において一定の地位となることを意味し、宮座(みやざ)への加入や神輿担ぎなど、神事に多く関わるようになります。

 このため、心身を清浄に保ち、言動を慎む物忌(ものいみ)に服する必要があったわけです。
 厄年の「厄」は、神様にお仕えする神役の「役」であるといわれるのも、こうした理由によるものです。
 
 現在では、災難が多く生じる面が強調され、その禁忌の感覚が強くなりましたが、七五三や成人式、年祝いなどとともに、人生における通過儀礼として、大切に考えられていることには変わりないようです。
 
   参考文献:「神道いろは」 神社本庁教学研究所。 「現在こよみ読み解き事典」 柏書房

 「宮座:みやざ」について・・・蟻通神社でも古希をお迎えになられた氏子様(男性)が、神社の<社人に入座され、大勢の方々で組織されています。

 
  
神社だより 蟻通神社の権禰宜 2011年01月21日

 <> <節分について>

「節分行事について」

 一年を二十四に分ける節気のうち四季の節目をさす、立春・立夏・立冬のうち、特に冬(陰)から春(陽)に移り変わる立春が、節気による正月節として重視されたため、一般的には立春の前日を節分と呼んでいます。

節気と旧の歴月では差異があり、旧暦でみると、十二月中旬から一月中旬までの時期に節分が廻ってきます。
 また、現行暦によると二月三日、四日がこれに当たり、この日には、一年間の無病息災を祈る節分行事が行われます。
 
 この行事は、古くは、中国で行われていたものであり、日本に伝来した当初は、大儺(たいな)と呼ばれていました。
 
 文武天皇の御代に、全国で疫病が蔓延したため、宮中で初めて大儺が執行されました。
その後、疫病の原因と考えられた鬼(陰)を追い払うために、歴月による十二月晦日に行われました。
 
 当時の大儺は、儺人と呼ばれる役目の人が、仮面を付け、「鬼やらう」と歓呼しながら目に見えぬ鬼を追うものでした。やがて、大儺から追儺へと名称が変わるにつれ、本来鬼を追う儺人が、鬼のような面を付けていたため、逆に目に見える鬼として追われるようになりました。
 
 室町時代以降、神社や民間でもこれに倣い、現在のように節分の日に定めて、豆を撒きながら鬼をはらい、福を迎える祭事として行われるようになりました。

                 参考文献:「神道いろは」
神社だより 蟻通神社の権禰宜 2011年01月19日

 「権禰宜とは?」

<このブログの作者(私)は、蟻通神社の権禰宜です。>

 ”ゴンネギ”って一般の方々には、聞きなれない単語ですよね。神社の神職には、資格(階位)を必要としますが、その資格は、5つの段階があります。

 その資格を取得して、神職は、各神社にご奉仕します。そのお宮に奉務する神職には、職階により、職名が定められています。
 上から順に、宮司・禰宜・権禰宜・出仕があり、神職の多い神社には、権宮司の職階が設けられている場合もあります。

 禰宜とは、「祈(ね)ぎ」(願い)の語義で、神に祈請する者の意味があります。宮司を補助して祭祀や社務を行う立場にあり、権禰宜とは、禰宜を補佐する役目です。
 
 私自身は、まだまだ新米で補佐するところまでは行っていませんが、蟻通神社のお役に立てたら良いなといつも思っております。
    
    参考文献:「神道いろは」  神社本庁教学研究所監修

お宮の四方山話 蟻通神社の権禰宜 2011年01月18日

 <1月の行事が終わりました。>

「次は、節分祭です」

 お正月、十日戎と一月は、連続で行事が続き、参拝の方々もたくさん来られて、神社がとても賑わっていました。
 現在は、提灯や幟も撤収され、静かな境内となっています。
 十日戎が終わると、すぐ、節分の準備に入ります。今年は、2月3日(木)です。
 午後三時過ぎから夜八時頃までのご参拝となっておりますので、どうぞお越しくださいませ。

 P1110085.jpg
 拝殿の前の提灯をはずして下さっています。

神社だより 蟻通神社の権禰宜 2011年01月17日

ページ : 01   02   03  
蟻通神社(ありとおしじんじゃ) 蟻通神社(ありとおしじんじゃ)
所 在 地 / 〒598-0034 大阪府泉佐野市長滝814
電話・FAX / 072-465-0897