蟻通神社(ありとおしじんじゃ)
お電話によるお問合せはこちらまで 072-465-0897
境内マップ アクセスマップ 蟻通神社ブログ
蟻通神社について 境内のご案内 年間祭事 参拝・ご祈祷のご案内
カレンダー
←前の月 次の月→
2012年03月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

記録者
カテゴリー
最近の記事
過去ログ
蟻通神社ブログ
 能楽体験講座ご案内

<蟻通神社にて「能楽」体験講座のお知らせ>

お能の「蟻通」をゆかりの場所で体験してみませんか?

というテーマで蟻通神社の社務所大広間で体験講座を開催いたします。
今回初めて開催することとなりまして、行き届かない部分が多々あると思いますが、ご参加下さる皆様に喜んでいただけるようにと願っております。


日 時:平成24年4月30日(祝・月
場 所:蟻通神社社務所 大広間
講 師:観世流能楽師シテ方の山中雅志先生・山下麻乃先生ご夫妻
    太鼓指導は上田慎也先生(金春流)
参加費:資料代として300円

内 容: ◎午前の部 10:30〜12:00
    親子対象(小学1年〜中3)  先着30名様
    (小学3年以下の方は保護者ご同伴で)
    太鼓を打ったり、おじぎの仕方や扇子の持ち方、歩き方など。神社の歌のカルタ作りや、能の着物を見たり能面を見たりなど楽しいことが一杯です。

    ◎午後の部 13:30〜15:30
    一般対象(高校生以上)   先着30名様 
     太鼓を打ったり、能のお話・おしまいの基本動作、謡のおけいこ、能の装束や能面の見学など。最後に能楽師の先生方に質問コーナーなどを設けて頂く予定です。

主 催:泉佐野歴史発掘委員会
後 援:泉佐野市教育委員会
アクセス:JR阪和線長滝駅から徒歩15分。駐車場あります。
申込み:4月5日以降に申し込み専用の電話番号へ。電話番号は、体験講座のポスターや4月の泉佐野市の市報(能体験コーナーの記事中)などに掲載しております。

ご興味のある方は、ぜひご参加くださいませ。

体験講座_0001.jpg
長滝町内会の回覧版で、回して頂いたちらしです。




能楽のお話 蟻通神社の権禰宜 2012年03月31日

 本殿の左右にあるお社について

<本殿左右のお社について、blueroseさんにコメントを頂きました。>

 蟻通神社の氏子地域である長滝村は、古来より氏神や寺院のほかに、路傍の石仏や小祠小堂など数多くの小さな祭祀対象物が存在していました。

 しかし、これらの多くは明治40年代の神社合祀、さらに、昭和17年(1942)の飛行場の設置によって、氏神の蟻通神社を始め、多くの祭祀物が移動、合祀、廃社を余儀なくされました。

 長滝には、社寺や庄屋の家に多くの古記録、古文書が伝わっていますが、こういった文献資料には、現在は消滅し、伝承すら途絶えた小祠の存在が記されています。

 長滝には、番や隣組の他にも小路に面した家々が所属する小路(しょうじ)という集団が存在しています。かつては、それぞれの小路に小祠がありましたが、明治40年に蟻通神社へ全ての小祠が合祀され、摂社となりました。しかし、再びもともと鎮座していた場所に勧請され、現在でも小路の神として祀られているお社もあります。

 「小路」には祭祀集団としての性格と地縁的な区分としての性格が存在しているのだそうです。
天保8年(1837)の「長滝村絵図」(新修泉佐野史第13巻掲載)に、当神社本殿左右にある、お社のそれぞれの名前が載っております。


1.本殿右側(山手側)のお社について


  「天野神社」・ 「丹生神社」・「高木神社」・「白髭神社」をお祀りしております。
 
 ・「天野神社」は、一旦、明治40年に蟻通神社に合祀されましたが、再び小路に戻され、現在も昔のままの場所に鎮座して札場小路の氏子の皆様の宮座によってお祀りされています。
 「ご祭神」は、丹生津比賣命です。

 ・「丹生神社」「白髭神社」は享保14年の神社所蔵文書や天保8年の絵図には、記載されています。蟻通神社に合祀された後は、元の場所には戻らなかったようです。ご祭神は、不明です。
 
 ・「高木神社」については、詳細は不明です。


DSC01279.jpg
       本殿の右側(山手側)
  天野神社・丹生神社・高木神社・白髭神社




2.本殿左側(海手側)にあるお社について

 ・「中之宮神社」・「牛頭天王社」です。

 中世末、泉南地方は紀伊国根来寺の勢力圏に入ります。長滝荘は鎌倉武士の木戸(山内)氏が押領として在地の軍事・警察権を握っていました。同氏は、1509年、根来寺衆徒長、長滝荘惣分代官、蟻通明神・大井関明神の目代を根来寺から任命されています。

 中之宮神社はこの山内(木戸)氏の氏神であったと伝えられています。中之宮神社も明治40年に蟻通神社に、一旦合祀されましたが、再び元の場所に勧請され、昔の場所に鎮座しています。

 現在は、宮小路の氏子の皆様の宮座によってお祀りされています。
 「ご祭神」は不明です。

 ・「牛頭天王社」も一旦、蟻通神社に合祀されましたが、現在は、中之宮境内社として元の場所で  お祀りされています。

DSC00504.jpg
       本殿の左側(海手側)
      中之宮神社・牛頭天王社


参考資料:長滝の民俗(泉佐野市史編纂委員会)










お宮の四方山話 蟻通神社の権禰宜 2012年03月31日

 甘酒づくり成功しました。

<炊飯器での甘酒づくりに挑戦しました>

 以前、 「炊飯器で甘酒が作れますよ」  と治左衛門さんからのコメントで教えていただきましたので、挑戦してみました。冷凍の麹をインターネットで手に入れました。

 発酵の温度管理が難しいかなーと思いましたが、炊飯器の保温スイッチで驚くほど簡単にできました。

今回は、温かいご飯2合、麹2合、約70度のお湯7合の分量で作りました。保温時間は、11時間でした。炊飯器の保温ボタンを押すだけで、放置しておけば出来上がるのでびっくりしました。保温時間は、本によって5〜10時間と幅がありました。私は、11時間保温していて、置きすぎたかなと思ったのですが、大丈夫でした。

 お砂糖を全く使わなかったのですが、治左衛門さんがコメントに書いて下さっていた通り、自然の甘味がちょうど好い加減で、本当においしくできました。いいコメントを頂いてありがとうございました。


DSC01288.jpg
   ご飯と麹をよく混ぜています。




DSC01291.jpg
70度くらいのお湯を入れて混ぜました。
時々ふたを開けて60度以上にあがらないようにしました。

DSC01290.jpg
温度計は必需品です。




DSC01292.jpg
湯気でよく見えませんが、甘酒の完成です。
本当に驚くほど、美味しく出来上がりました。

お宮の四方山話 蟻通神社の権禰宜 2012年03月29日

 神社の役員さん

<蟻通神社の役員さん>

 当神社では、神社の役員さんというより、「宮世話人さん、世話人さん」 とお呼びさせて頂く方が、多いです。
 
 昔は、任期が確定されていなかったのですが、現在では、任期は4年と定められています。当神社のような小さな民社では、神社職員は家族だけなので、世話人様がいらっしゃらないと神社は成り立ちません。

 年間のいろんな行事、日々の清掃や施設の点検、町内会の皆様や氏子の皆様への連絡などなど、たくさんのお仕事があります。お忙しい中、神社のために大変なご尽力をいただきました。世話人さんは10名いらっしゃいますが、23年度は7名の方が退任されます。

 春は、別れの季節ですが、4年間神社のためにご奉仕頂いた皆様が退任されるのは、毎回お名残惜しいなと思います。退任される世話人様方、4年間本当にありがとうございました。

DSC01217.jpg
提灯を吊るす柵を増設して下さいました。

DSC01239.jpg

DSC01248.jpg

 舞台の周りの提灯が2段にかけられる様に
  して下さいました。

神社だより 蟻通神社の権禰宜 2012年03月21日

 敬老社人入座式

<3月20日、社人さんの入座式がありました。>

 蟻通神社祭祀組織として、古来より敬老社人という制度があります。満70歳の古稀を迎えた男子の方が、毎年新しく加入されます。

 この社人制度は、昔は、長滝東・中・西の各番から7名ずつの年長者が寄って21名で構成されていました。一人が欠けると一人が加入という制度で、加入式も定期的に行われていたわけではありませんでした。

 その後、大正時代になって長滝全体から21名の年長者を選ぶように改編されました。そして、戦時中の中断を経て、満70歳以上のすべての男性に社人加入の門戸が開かれました。昭和27年当時で35名、現在では、100名を超える大勢の方々で組織されています。

 今日、古稀を迎えられた皆様の入座式が行われました。70歳とは、とても思えないほど皆様若々しいです。私も皆様にあやかって、いつまでも元気に過ごしたいです。

DSC01257.jpg
     今日は、お天気だったのでよかったです。


DSC01268.jpg

      社務所で、ご挨拶をされています。




神社だより 蟻通神社の権禰宜 2012年03月20日

ページ : 01  
蟻通神社(ありとおしじんじゃ) 蟻通神社(ありとおしじんじゃ)
所 在 地 / 〒598-0034 大阪府泉佐野市長滝814
電話・FAX / 072-465-0897