蟻通神社(ありとおしじんじゃ)
お電話によるお問合せはこちらまで 072-465-0897
境内マップ アクセスマップ 蟻通神社ブログ
蟻通神社について 境内のご案内 年間祭事 参拝・ご祈祷のご案内
カレンダー
←前の月 次の月→
2018年11月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930

記録者
カテゴリー
最近の記事
過去ログ
蟻通神社ブログ
 お正月飾りについて。

<神社の役員さん方が、手作りの注連縄を作って下さいました。>

 蟻通神社では、毎年役員さんが約25、手作りの注連縄を作って下さいます。
また、かどまつも松松手作りです。
昨年も非常に寒かったのですが、今年もクリスマス寒波の厳しい寒さの中、丸一日ご奉仕をして下さいました。
寒い中、ありがとうございました。立派な飾りを設けて頂いて、よい年を迎えることができます。

 
 
 おしょうがつ飾りとは?
 おしょうがつには、各家々で年神様をお迎えします。年神様は、しょうがつ様・年徳様・若年様・などとも呼ばれ、その年の吉方である恵方より訪れ、一年間の家族の健康と幸福を授けて下さる神として信仰されてきました。
 
この神様を、農耕をつかさどる田の神であるとする説や、ご先祖様の神霊であるとする説もあり、私たち、にほん人はしょうがつ行事として年神様を迎え、お祀りすることをおこなってきました。
 
 玄関の注連縄飾りも年神様をお迎えするためのもので、家内の大掃除を終えた後、お飾りするのが一般的です。ただし、一夜飾りとなる大晦日は避けるのがよいそうです。

 注連縄飾りは、不浄が清められ、家内が年神様を迎えるにふさわしい清浄な場であることを示すほか、外から災厄が侵入するのを防ぐ意味もあります。 
 
 玄関や門の左右に立てるかどまつ松は、年神様をお招きするための依代(よりしろ)であるともいわれ、家内に年神様を祀るため、しょうがつの間のみ祭壇を設ける地域もあります。

 しょうがつ飾りは、一がつ七日の七草までお飾りし、その後、お焚き上げされることが多いのですが、地方によっては、年間を通してお飾りする場合もあるそうです。

 参考文献:「神道いろは」  神社ほん庁教学研究所


DSC00397.jpg
DSC00338.jpg
脱穀機で藁をきれいに整える作業


DSC00370.jpg
大きな注連縄は、綯うのに力が必要です。
3ぼんのたばにしたものを、順番に左綯いに綯って、
まず2ほんを編んでいきます。その後、3ぼん目を
ねじりながら綯っていきます。


DSC00360.jpg
少しずつ藁を足しながら、長くしていきます。


DSC00362.jpg
竹を支えにします。



DSC00400.jpg
飾りの房を作って下さっています。


DSC00410.jpg
外に飛び出ている藁を切って整えます。
四垂(紙垂)と橙と裏白をつけて完成です。


DSC00382.jpg
橙に針金を通して取りつけます。



DSC00420.jpg
高い所の設置は、大変です。


DSC00425.jpg
手水舎の道具も新しく。 青竹がきれいです。

DSC00427.jpg
拝殿の門松と注連縄が完成しました。
























神社だより 蟻通神社の権禰宜 2011年12月26日

蟻通神社(ありとおしじんじゃ) 蟻通神社(ありとおしじんじゃ)
所 在 地 / 〒598-0034 大阪府泉佐野市長滝814
電話・FAX / 072-465-0897