蟻通神社(ありとおしじんじゃ)
お電話によるお問合せはこちらまで 072-465-0897
境内マップ アクセスマップ 蟻通神社ブログ
蟻通神社について 境内のご案内 年間祭事 参拝・ご祈祷のご案内
カレンダー
←前の月 次の月→
2018年11月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930

記録者
カテゴリー
最近の記事
過去ログ
蟻通神社ブログ
 今日は、蟻通神社の新嘗祭でした。

<新嘗祭(にいなめさい)とは?>

PC050165.jpg

PC050167.jpg
 蟻通神社ご本殿(昨年、彩色をして頂いてきれいになりました。)

PC050168.jpg



PC050170.jpg
 
 「手水の儀」 今から、新嘗祭が始まります。

 毎年、十一月二十三日には、天皇陛下がその年の新穀を神々に御親供なされる新嘗祭が、宮中にておこなわれています。
 古くは、干支によっていたため、日が定まっておらず、十一月の下の卯の日、三卯まであれば中の卯の日を選んで祭がおこなわれていました。
 これが明治六年の新暦採用から、毎年十一月二十三日となりました。戦後、この日は、「勤労感謝の日」と改称され、勤労を尊び、生産を祝い、国民が互いに感謝しあう日となりましたが、単なる勤労や生産に対する感謝の日と意味が違うことは、その起源からも明らかなことです。
 新嘗祭の起源については、「日本書紀」神代巻で天照大御神が皇御孫命(すめみまのみこと)の降臨に際して、斎庭(ゆにわ)の稲穂をお授けになったことに遡ることができます。高天原で育てられていた穀物の種が、皇御孫命により初めて日本でも栽培され、これが我が国における農業の事始めとなりました。
 この御神恩に対する感謝の祭として、天皇陛下御自ら、五穀豊穣を神々に奉告されるのが新嘗祭であり、これに倣って全国の神社においても新嘗祭がおこなわれているのだということです。
   参考文献:「神道いろは」 監修・神社本庁教学研究所
神社だより 蟻通神社の権禰宜 2010年12月05日

蟻通神社(ありとおしじんじゃ) 蟻通神社(ありとおしじんじゃ)
所 在 地 / 〒598-0034 大阪府泉佐野市長滝814
電話・FAX / 072-465-0897