• 蟻通神社について
  • 境内のご案内
  • 年間祭事
  • 参拝・ご祈祷のご案内

蟻通神社ブログ

 十日戎について

<十日戎の風習>

 エビスには、夷・戎・恵比寿・恵美須などの字が当てられ、その語源は、異邦人や辺境に住む人々を意味するエミシ・エビスの語に由来するとされています。

 古来よりおそらく、生活空間の外部にある異郷から福をもたらす神としてイメージされていたらしいです。もともとエビスは漁民の間で信仰され始めたと考えられます。

 その後、中世における商業の発展とともに商業神としての性格をもちはじめ、農業神としての顔もあるそうです。農村では、豊作をもたらす田の神の性格も兼ね、田植えの初苗を供える例もみられます。 
 また、山村では、山の神と呼ぶところもあり、田の神と山の神が定期的に行き来する、という考えとエビスの信仰が重ね合わされたものと考えられるそうです。

関西では、一月十日に十日戎が行われ、笹に米俵、小判、鯛、大福帳、打ち出の小づちなどを付けた福笹、吉慶(きっきょう)・大宝などの縁起ものを神棚などに飾っておき、毎年新しいものと取り替えると、福が授かるといわれています。大きなものからコンパクトなものまで、いろんな種類の縁起物がありますので、神社の拝殿にどうぞお越しください。

 
お宮の四方山話 蟻通神社の権禰宜 2011年01月08日

カレンダー

←前の月 次の月→
2021年09月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930

記録者

過去ログ

TEL

PAGE TOP