蟻通神社(ありとおしじんじゃ)
お電話によるお問合せはこちらまで 072-465-0897
境内マップ アクセスマップ 蟻通神社ブログ
蟻通神社について 境内のご案内 年間祭事 参拝・ご祈祷のご案内
カレンダー
←前の月 次の月→
2018年11月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930

記録者
カテゴリー
最近の記事
過去ログ
蟻通神社ブログ
 <厄祓いについて>

 「人生儀礼 厄年」

 厄年の年齢は、人の一生の中でも、体力的、家庭環境的、対社会的にもそれぞれ転機を迎える時であり、災厄が起こりやすい時期として忌み慎まれています。

 その年に当たっては、神様の御加護により災厄から身を護るため、神社に参詣をして、災厄を祓う厄祓いの儀(厄除け)がおこなわれます。

 厄年の年齢は、「数え年」で数え、地域によっては多少異なります。
   
   男性  二十五・四十二・六十一 歳

   女性  十九  ・三十三・三十七 歳     とするのが代表的であります。
 
 この年齢の前後を前厄・後厄と称します。この中でも男性:四十二歳女性:三十三歳を大厄として、特に意識することが多いようです。

 厄年が信じられてきたのは、厄月・厄日とともに室町時代からのもので、その根拠の一つとなったのは、陰陽五行思想であります。
 迷信的な要素が強いという理由で、識者のあいだでは、排斥するむきもありますが、医学的見地から合理性があるという意見もあります。
 ちょうど、先日のNHKの番組で、男性の四十歳台頃から、身体のミトコンドリア(若さを保つ素らしいです。)が、減少していくとうテーマで放送されていました。ただし、ミトコンドリアは、自身の生活態度で、増えるらしいです。
 
 本来、厄年は長寿を祝う還暦(六十一歳)古希(七十歳)などの年祝いと同じく、晴れの年齢と考えられていました。厄年を迎えることは、地域社会において一定の地位となることを意味し、宮座(みやざ)への加入や神輿担ぎなど、神事に多く関わるようになります。

 このため、心身を清浄に保ち、言動を慎む物忌(ものいみ)に服する必要があったわけです。
 厄年の「厄」は、神様にお仕えする神役の「役」であるといわれるのも、こうした理由によるものです。
 
 現在では、災難が多く生じる面が強調され、その禁忌の感覚が強くなりましたが、七五三や成人式、年祝いなどとともに、人生における通過儀礼として、大切に考えられていることには変わりないようです。
 
   参考文献:「神道いろは」 神社本庁教学研究所。 「現在こよみ読み解き事典」 柏書房

 「宮座:みやざ」について・・・蟻通神社でも古希をお迎えになられた氏子様(男性)が、神社の<社人に入座され、大勢の方々で組織されています。

 
  
神社だより 蟻通神社の権禰宜 2011年01月21日

蟻通神社(ありとおしじんじゃ) 蟻通神社(ありとおしじんじゃ)
所 在 地 / 〒598-0034 大阪府泉佐野市長滝814
電話・FAX / 072-465-0897