蟻通神社(ありとおしじんじゃ)
お電話によるお問合せはこちらまで 072-465-0897
境内マップ アクセスマップ 蟻通神社ブログ
蟻通神社について 境内のご案内 年間祭事 参拝・ご祈祷のご案内
カレンダー
←前の月 次の月→
2018年11月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930

記録者
カテゴリー
最近の記事
過去ログ
蟻通神社ブログ
 「震災どう乗り越える」3月29日春日武彦先生の読売新聞記事

<哀しみと不安を抱えながらの新学期となりました。>

 例年なら桜の開花を待ち望み、希望と喜びに溢れた春なのに、今年は日本の誰もが、心から喜びをあらわせない春です。
 震災から3週間が経とうとしていますが、依然行方不明の方々の数は少なくなっていきませんし、原発の問題もいつ終わりが来るのだろうという毎日です。
 被災された方々がこの困難を克服されるのは、本当に大変なことだと思います。また、災害復興の支援に携わっている方々には、頭が下がる思いです。
 
 大阪に住む私自身は、お力になれることは少なく、ただ災害の報道を見ることしかできないのに、気持ちも沈みがちです。そういう気持ちで過ごす人々に、どう考えていったらいいのか教えてくれる新聞のコラムがありました。一部省略して、抜粋させて頂きます。
  震災どう乗り越える

 『この鬱々と重苦しい毎日を、いきなり晴れ渡った気分で満たす方策はない。だが、うな垂れる必要もない。被災地から隔たった場所に住む人間は、誠実さや活力が他人へ伝搬し得るという事実を思い出そう。
 
 他人を思いやることと、過剰な自主規制や自粛とは直結しない。被害を受けずに済んだ者が何かを楽しんでも、それが「不謹慎」ということになってしまえば心は萎縮しかねない。他人の顔色を窺うような態度は、誰も救えない。

被災者の存在を胸の内に置きつつ、背筋を伸ばして日常を営んでいくことが大切だろう。』

3月29日(火)読売新聞朝刊:春日武彦先生の記事より

お宮の四方山話 蟻通神社の権禰宜 2011年04月02日

蟻通神社(ありとおしじんじゃ) 蟻通神社(ありとおしじんじゃ)
所 在 地 / 〒598-0034 大阪府泉佐野市長滝814
電話・FAX / 072-465-0897